聖子… 君が好きだ!!

1980年のデビューから30年,「永遠のアイドル」として輝き続ける松田聖子さん。デビュー時,これからのこと,DNA を受け継ぐ神田沙也加さんのことを語っていきます。       

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青が散る」の紹介 CM を見て

多くの家庭と同じく(ただ違うのは部屋にぽつんと一人でいることでしょうか)大概,テレビをつけているのですが,最近めっきりスカパーをつけていることが多くなりました。
ほとんどが昔の番組とか映画をやっていますので,最新のニュースや情報などに疎くなってしまっているような気がします。

そんな感じで今日の夜も見ていると,「トップテン」で松田聖子さんが「瞳はダイアモンド」を歌っているシーン,さらに「青が散る」ではその B 面の「蒼いフォトグラフ」をバックにドラマの内容を紹介する番組(宣伝 CM のようなもの)をそれぞれのチャンネルで見ることができました。

「青が散る」の方は本当に懐かしかったです。
普通によくドラマは見ていましたが,このドラマについてはやはり「蒼いフォトグラフ」が主題歌だから見ていました。
しかし,途中から挿入歌だった大塚ガリバーさんの「人間の駱駝」が番組内で流れることが多く,残念だった記憶があります。
主演の石黒賢さん,二谷友里恵さん,そして佐藤浩市さんの若い頃の映像にも懐かしさを感じました。
(皆さん二世なので,当時話題になっていたような気もします。
石黒さんのお父さんは今の人にはわからないでしょうね)

Comment

NoTitle

こんにちは。本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
  • posted by 藍色
  • URL
  • 2010.06/18 10:43分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青が散る 宮本輝

燎平は、新設大学の一期生として、テニス部の創立に参加する。 炎天下でのコートづくり、部員同士の友情と敵意、 勝利への貪婪な欲望と「王...

左サイドMenu

プロフィール

since 1980

Author:since 1980
「君以上の娘にめぐり逢えたら 忘れるよ でも無理さ」
(from マリオネットの涙)

多機能カレンダー(訂正)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Tree-CATEGORY

FC2カウンター

FC2カウンター(オンライン)

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

Tree-Comment

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。