FC2ブログ

聖子… 君が好きだ!!

1980年のデビューから30年,「永遠のアイドル」として輝き続ける松田聖子さん。デビュー時,これからのこと,DNA を受け継ぐ神田沙也加さんのことを語っていきます。       

Entries

Matins ~朝の祈り~

1992年 2 月 5 日発売 松田聖子さん30枚目のシングル「きっと,また逢える…」のカップリング
作詞:田久保真見 作曲:上田知華 編曲:井上鑑

作詞の田久保真見さんは,最近では伊藤由奈さんの「Truth」の詞を書いている他,アニメ関連の詞を書いているようです。聖子さんに詞を書くのはこの曲が初めてで,その後もありません。
作曲の上田知華さんは,「ユートピア」のラスト「メディテーション」も書いています。「メディテーション」はいい曲だとは思いますが,「SUNSET BEACH」「真冬の恋人たち」と,ラストは最高の曲が続いてきただけに,これらの曲と比べると,当時やや不満を感じていました。
編曲の井上鑑さんは,あの寺尾聰さんの「ルビーの指環」をアレンジされた方です。今でも鮮明に憶えていますが,レコード大賞の受賞の時,寺尾さんが井上さんとがっちりと握手をしていました。作詞は松本隆さんで,その当時,「松本さんとは握手しなかったな」と思っていましたが,今思うと,ステージにいたのは代理の方だったのかもしれません。松本さんが賞でテレビに出ているのをその後,見たことがありませんので。
聖子さんには,アルバム「Canary」「SUPREME」でもいくつか編曲されています。

この「Matins ~朝の祈り~」は,昨年の NHK スペシャルで聖子さんが採り上げられた際,ドキュメンタリーに登場する女性の方が,この曲を聴いて,歌詞カードを見ながら,涙ぐむシーンが印象的でした。アルバムでは「Complete Bible」に収録されていますので,おそらく,これを聴いていたのでしょう。
matins とは,カトリックで真夜中,もしくは夜明けの祈りのことをいいます。
聖子さんは,カトリック系の信愛女学院に通っていたこともあり,毎夜,お祈りを欠かさないとデビューの頃はよく言っていました。

 あなたは空ね 果てしなく自由を求める
 わたしは海ね 揺れながら祈りを育てる
 ああ 確かに見えるのに 
 追いかけるほど遠ざかる愛は まるで地平線

「メディテーション」の歌詞に「私は海よ 私は空」というのがあったのをすぐ思い出しました。
全体的に静かなメロディです。聖子さんの声は,安定感を回復していて,はり上げる歌い方も昔と同じ感じですが,キャンディボイスとは違い,ややビブラートがかかっています。

 あなたがさっきこの部屋を 飛び出していった
 ちぎれたパールのネックレス
 床に散らばった
 いま窓辺にたたずんで 冷たい方を自分で抱くの
 青く夜が明ける

聖子さんの詞と異なり,思いを綴るというより,情景を描くという感じです。
女性らしい詞であるとは言えます。

 あなたは空 わたしは海 ひとつになれない
 嵐のたびに傷つくけれど 恐れたりしない
 ねぇ雨ならきっとやむわ
 嵐は何処かに過ぎ去ってゆく
 そして朝が来るわ

 あなたは空 わたしは海
 ずっとそばにいる
 涙も嘘も憎しみさえも
 みんな受け止める
 ああ あなたの好きな服に
 そっと着替えて髪をとかそう
 そして朝が来るわ

「青く夜が明ける」と,最初の「そして朝が来るわ」では,静かな感じですが,最後の「そして朝が来るわ」は高めの音になり,ぐっと盛り上がっていって終わります。

 N スペでも最後の部分が流れていましたが,
「ああ あなたの好きな服に そっと着替えて髪をとかそう」の部分は女性にはたまらないだろうな,と思います。

Comment

この曲、Nスペで聴くまで、まったく知らなかったです。正確に言うとCDは持っていたので、まったく記憶に残っていなかったということですね。家にCDがあることにびっくりで、あれから何度か聴いています。

話しそれますが、先日のELTの持田さんのお話を読ませていただいていたので、今日うたばんに出演されている持田さんの声、表情をじっくり見てしまいました。なるほど・・・と言う感じでした。最近意識してじっくり見聴きしたことがなかったもので。昔ライブに行ったことはあったのですが、その時の印象は、『男前!』でした。(笑)

まるおさん,実は私も…

この曲は,N スペで見るまで知りませんでした。
本当に心に響いてくるいい曲ですよね。

「うたばん」は見逃しました。持田さんも回復するといいですね。
  • posted by since 1980
  • URL
  • 2008.09/05 11:10分
  • [Edit]

はじめまして。

Matins ~朝の祈り~ この曲は「Complete Bible」で知ってから大好きな曲の一つです。

アコースティックでいて繊細。
他の曲ににない聖子さんの歌手としての可能性を最大限に引き出している楽曲だと思います。

歌詞に生きた情景を吹き込み歌い上げる彼女の声に目を閉じると
パァーっ!とイメージが満ちて来ます。

この曲かなりマイナーなのに、カラオケがあるのが嬉しいです。
  • posted by 小餅
  • URL
  • 2010.09/08 11:53分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

since 1980

Author:since 1980
「君以上の娘にめぐり逢えたら 忘れるよ でも無理さ」
(from マリオネットの涙)

多機能カレンダー(訂正)

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Tree-CATEGORY

FC2カウンター

FC2カウンター(オンライン)

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

Tree-Comment

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

QRコード

QRコード