FC2ブログ

聖子… 君が好きだ!!

1980年のデビューから30年,「永遠のアイドル」として輝き続ける松田聖子さん。デビュー時,これからのこと,DNA を受け継ぐ神田沙也加さんのことを語っていきます。       

Entries

雪のファンタジー

1987年11月21日発売 松田聖子さんのアルバム「Snow Garden」の Yesterday's Street Side 6 曲目(CD10曲目)
作詞:松本隆 作・編曲:大村雅朗

聖子さんがシングル,コンサートと本格復帰した冬に出されたこのアルバムの Yesterday's Street Side には過去のシングル,アルバムから冬の曲が厳選されて収録されています。
ラストの「雪のファンタジー」は,松本隆さん原作で自らメガフォンをとって映画化された「微熱少年」の挿入歌?であり,サントラ盤である「微熱少年 MOVIE SONGS」の中におさめられていた曲です。
ちょうど聖子さんが本格復帰する前後でしたが,松本さんの映画ということで特別参加したのでしょう。

つい最近アップされた動画で,映画「微熱少年」の映像とともにこの曲が流れています。音声は後からかぶせただけで,映画でそのままフルコーラスで流れたということはないでしょう。
雪のファンタジー

「微熱少年」は見に行きませんでしたが,原作の単行本は購入しました。
この映画は残念ながら興行的には芳しくなく,たまたま聴いていたか,この映画のことを特集したものだったか,記憶にありませんが,ラジオ番組でチケットプレゼントを募集していて,当選者発表の時期には打ち切りになってしまって,パーソナリティの方が謝っていたような記憶があります。
また,主演の斎藤隆治さんは斎藤由貴さんの弟さんです。

この歌は「星のファンタジー」と曲は同じで,タイトルと詞だけが違っています。
星のファンタジー」にも書いた通り,「金色のリボン」で聴いた時からとても大好きな曲でした。

 まるで海の底のようね こんな雪の夜は
 風に消えそうなキャンドル 手のひらで隠して
 Snowflakes 雪の精たちが 私を夜空に優しく誘う
 Snow-white トナカイの馬車に乗り あなたの家めざすの

 もしも寒そうにしてたら 息で暖めたい
 高いモミの木飛び越え 湖を掠めて
 Snowflakes 粉雪のように
 綺麗な心で愛し続けて
 Snow-white 汚れを知らない日の 透き通った瞳で
 Snow-white トナカイの馬車は今 青い月を横切る

どうも「星のファンタジー」がすごすぎて,こちらの詞はどうもとってつけたようで,しっくりきません。
星「黒い街路樹 飛びこえ 湖をかすめて」

雪「高いモミの木飛び越え 湖を掠めて」

星「Stardust Star Lights」

雪「Snowflakes Snow-white」

やっぱり,「星」の方がいいですね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

since 1980

Author:since 1980
「君以上の娘にめぐり逢えたら 忘れるよ でも無理さ」
(from マリオネットの涙)

多機能カレンダー(訂正)

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Tree-CATEGORY

FC2カウンター

FC2カウンター(オンライン)

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

Tree-Comment

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

QRコード

QRコード