FC2ブログ

聖子… 君が好きだ!!

1980年のデビューから30年,「永遠のアイドル」として輝き続ける松田聖子さん。デビュー時,これからのこと,DNA を受け継ぐ神田沙也加さんのことを語っていきます。       

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松田聖子さん,山口百恵さん,郷ひろみさんのスリー・ショット

これは数多ある松田聖子関連動画の中でも,最も衝撃的だと言っていいでしょう。
そんな動画が今,アップされています。
百恵・聖子 夢の2ツーショット

1980年 9 月18日,ザ・ベストテンで初めて一位になった時,あの伝説ともいうべき「お母さーん」という名言を残した松田聖子さん。
その翌週 9 月25日も一位をキープし,一位になった記念に憧れの郷ひろみさんに握手をしてもらいます。
夜のヒットスタジオでも同じようなシーンがありましたが,それは同番組 2 回目の出演となる10月13日でした。

そして,もう一人の憧れの人,山口百恵さんから一位のお祝いの言葉をいただきます。
「おめでとうございます。これからもがんばってください」

いずれに対しても,「うれしいです」とだけ答える聖子さん。

郷さんも,その後,あのようなことになるとは思わなかったでしょうし,百恵さんの方も,まさかこの女の子が自分以上の歌手になるとは思わなかったでしょう。

この当時,まだ聖子ファンではありませんでしたが,ザ・ベストテンは始まった時から一週として欠かさず見ていましたので,もちろんリアルタイムで見ていました。
この頃,どちらかと言うと岩崎良美さんの方が好きで,すさまじい勢いでトップアイドルとなり,ベストテンでも一位まで登りつめた松田聖子という歌手をどのように思っていたのか,あまり記憶にありません。
ただ,それほどぶりっ子だとか思いませんでしたし,ウソ泣きだとも思わなかったように思います。

山口百恵さんも,どちらかというと桜田淳子さんの方が好きでしたが,ドラマやベストテンでずっと見てきて,引退が間近にせまったこの頃,淋しい気持ちだったと思います。

三人とも同じレコード会社ですが,非常にまれなスリー・ショットだと言えるでしょう。
百恵さんが夜のヒットスタジオに最後に出演する時,聖子さんが花束を渡したと記憶していますが,この時,郷さんも出演していました。ただ,このベストテンほどクローズアップにはなっていなかったでしょう。

このシーン,ベストテンの総集編などでは紹介されたかもしれませんが,私の記憶の中では,このシーンを見るのは放映当時以来です。

このような世紀のバトンタッチのシーンを,今後見ることがあるでしょうか。
聖子さんを超えるような歌手に,聖子さんがエールを送るようなシーンが…

Comment

ありがとうございます。
さっそく見に行きました。
私も初めて見ました。
見たけど覚えていなかったのかもしれません。
  • posted by とっきゅう
  • URL
  • 2008.12/23 15:30分
  • [Edit]

とっきゅうさん,我々?

(と言ってよろしいでしょうか)の世代には夢の 2 ショットですが,若い方にはわからないでしょうか。

百恵さんの引退が10月15日,そのわずか 3 週間前の出来事でした。

聖子さんと百恵さんが80年ほぼ半年,同時に活動していたこと,(聖子さんのデビューが遅かったため)わずか 3 歳差というのはあまり知られていません。
  • posted by since 1980
  • URL
  • 2008.12/24 00:27分
  • [Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by
  • 2010.12/10 13:15分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

since 1980

Author:since 1980
「君以上の娘にめぐり逢えたら 忘れるよ でも無理さ」
(from マリオネットの涙)

多機能カレンダー(訂正)

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Tree-CATEGORY

FC2カウンター

FC2カウンター(オンライン)

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

Tree-Comment

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。